皆さんの中で商品が壊れていた等の不良品を除きクーリングオフや返金・返品を経験したことのある方はどの位いるでしょうか。
一定の期間がであれば返品や返金が出来るサービスを実施しているところもありますが、できないパターンも結構あります。

飲食店で購入したものやスーパー、量販店、一部コンビニでも不良品でない限り返金対応はしてくれないです。
それは返金や頻々をする義務が無かったりクーリングオフの制度が適用外である場合が多いのですが、インターネットを使ったビジネスであるネットビジネスの場合はどうでしょう。

このサイトではネットビジネスのマネーズライクについて紹介しています。果たしてこのマネーズライクは返金対応してくれるのでしょうか。
詳しく調べていきたいと思います。

ネットからの申込や契約のものはクーリングオフができない場合が多い!?

マネーズライクのようなネットビジネスは、いわゆる押し売りのようなものとは異なり、クーリングオフが利かない場合がほとんどです。考える時間を設けたり、申込や契約を行ったりするのは全て自分の意志によるものである、とみなされるためです。

このため、返金やクーリングオフありきでネットビジネスを申し込むのはリスクが大きいです。深く考えずに申込や契約をする人はあまりいないかと思いますが、特にネットビジネスにおいては注意が必要です。

ちなみにネットビジネスだけではなく、ネット通販などもこの扱いになる場合が多いです。明らかな不良品などでない限り、利用者都合で返品やクーリングオフが適用されることはまずないと考えておいたほうがいいと覚えておくといいかと思います。

マネーズライクの教科書で収益を上げるために、そして収益が出なかったときは

クーリングオフや返金ができないと分かっていても、ネット通販などは便利だから止められないですよね。同じように、マネーズライクの教科書もクーリングオフ・返金できないデメリットだけではなく、そこから得られるメリットも十分にあります。

マネーズライクの教科書は早ければ開始数日で収益が出ます。現在の割引が効いたタイミングなら、1万円も稼げれば登録費用などは一気に回収できます。多くの方は「せめて初期費用だけは回収したい」という気持ちがあると思います。いざ回収したら、一気に気が軽くなってその後の作業も順調に推移することでしょう。

なかなか収益が出ないときは、返金の相談よりもまずは作業で改善できる点があるかどうかをスタッフなどに聞いてみましょう。それで改善されれば問題ありませんし、そこでどうにもならなかったら、返金を相談することも止むを得ないのではないでしょうか。

返金に関しては、法律でどうこうとできるものではないので、話し合いによってお互いの落としどころを探る形になるかと思います。