マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)がとても条件のいい副業と聞いて、「もしかして詐欺なんじゃ…」と思う人も少なくないと思います。ネット系の副業では、これまでにもいくつかのビジネスが行政から指導を受けるケースがありましたが、そういったビジネスは例外なく「簡単に○○できる」という、手軽にハイリターンを得られるとしたものでした。

そういった詐欺ビジネスとマネーズライクの教科書(MRサーチシステム)が違う点として、システムがしっかりと備わっていることがあります。ノウハウだけを論じたペラペラの資料を売りつけるようなものではなく、MRサーチシステムを用いて実際に作業を進めていくものです。LINEなどによるサポートもあるので、悪徳企業が運営しているとは考えにくいというのが私の意見です。

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)を始めるという人は、念のため上記のことも脳裏に置きつつ、与えられた仕事にまい進していく、というスタンスが良いのではないでしょうか。

詐欺かも、というビジネスの特徴とは?マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)はそれに当てはまるのか

誰でも変なビジネスには絡みたくないと思うので、詐欺が怪しまれるビジネスはどういう特徴があるのか、もう少し詳しくお話します。

まずは先程も申しました通り、「簡単に○○できる」としてハイリターンを得ようと訴えるものです。楽して大金を稼ぎたいという欲求につけ込んだものであり、九分九厘詐欺と考えていいでしょう。

他には、電話やメールアドレスなどの窓口が示されているかどうかといった点があります。こういった類のビジネスはある意味客商売なので、その相談や問い合わせの窓口があって当然ですし、申込前に質問などを受け付ける体制があるかどうかを判断する基準にもなります。

窓口がなければ、質問やクレームも入れようがありません。客や従業員に寄り添わないブラック企業のようなものであり、こういったビジネスがあれば疑ってかかったほうがいいと思います。

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)はこの点は問題ないと考えています。実際に電話番号、メールアドレスによる問い合わせ先があることも確認しています。

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)は簡単だから詐欺?実は手軽な仕事じゃない!

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)は10分という短時間で30万円~50万円を目指せるというのであれば、まさに手軽にハイリターンという詐欺ビジネスの特徴そのものではないか、という意見もあるかもしれません。

表面だけならそう見えるでしょうが、マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)は実は「楽をして稼ぐ」というものではありません。

10分とはいえ、毎日確実に継続して仕事をしていく必要があります。10分なら楽勝と思いがちですが、これを1ヶ月やそれ以上続けていくのはとても大変なものです。

そして、マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)の「MRサーチシステム」とは、この仕事のために開発された独自システムであり、本来私たちがやるべき仕事の大部分を代行しています。つまり、従来なら10分よりも遥かに長い時間の仕事を、このMRサーチシステムを使うことで10分で済むようになっている、ということです。

楽をするということと、効率よく仕事することは別物です。マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)は徹底的な効率化を求め、MRサーチシステムを使うことでその仕事時間を10分程度にまで切り詰めたものです。

ネットの情報はその発信者や、引用元、裏付けなどをチェックして嘘の話にだまされないように!

皆さんはネット上にあふれる記事が全て真実に基づいたものだとお考えでしょうか?おそらくほとんどの方が「ノー」というと思います。それほど、ネットにはデマや嘘の情報が溢れています。

ネットの世界は匿名かつ顔を出さずに言いたいことを言える世界ですから、偏向した情報なども簡単に流すことができます。もちろん詐欺ビジネスはそれを悪用したものになります。そして「このビジネスは詐欺だ」「このビジネスは安心」というネットの記事も、裏付けがされていないものも珍しくありません。

発信者が不明なネットの情報は、その引用元や裏付けとなる情報があるかどうかチェックしてみてください。安易なデマや嘘の話に流されないようにしましょう。

逆説的な話ですが、これまでマネーズライクの教科書(MRサーチシステム)についてお話してきたことも「嘘なのか?」と思う人もいるかもしれません。私は「マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)は詐欺ではない」と断言はしておらず、ホームページなどにある情報を引用した上で「こうではないか?」という考えをお伝えしています。

ホームページの情報に関しては法律に基づいた表記となるので、嘘は書けません。その情報をベースとし、見解を語ったものとなります。その結果が逆に出ることがあるかもしれないので、そのときはこの記事も訂正し、実際にあった内容をお伝えしたいと思います。